レンタルサーバー

どうなる民主党~小沢代表記者会見

ここでは、「どうなる民主党~小沢代表記者会見」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








「何らやましいことはない。それによってどうこうは考えていない」
「政治的、法律的に不公正な国家権力の行使だ」

公設秘書の逮捕から一夜明け、
東京・民主党本部(永田町)で記者会見に臨んだ民主党の小沢代表は、東京地検特捜部の捜査に対し、終始痛烈に批判する内容となりました。

東京地検特捜部は、
公設秘書である大久保隆規容疑者(47)が
西松建設からの企業献金と知っていた疑いがあるとして、
政治資金規正法違反の疑いで逮捕に踏み切ったものです。

これに対して小沢代表は記者会見冒頭より、
もし西松建設からの企業献金という認識が大久保容疑者にあったなら「政党支部で受領していた」と主張し、
実際は資金管理団体である陸山会が受け取っていたことについても「秘書が政治団体からの寄付だと認識していたからだ」と、
特捜部の捜査を真っ向から否定し、
全面対決の姿勢を明らかにしました。

強制捜査という手法に関しても、
「総選挙間近かといういまに強制捜査が行われたことは
政治的、法律的に不公正な国家権力の行使だ」と
厳しく批判しました。

確かに最近の政界は、
度重なる総理大臣の迷言、
大臣の酩酊記者会見、辞任のドタバタ、など
国民無視の言動が立て続けに起こっていて、
よりいっそう 民主党への期待は高まり、
総選挙へ向けて追い風になっていました。

それだけに、今後の捜査の状況が気になるところでもありますし、
小沢代表はじめ民主党議員の言動が、
どこまで国民に支持されるものか、
信用信頼を得るものになるのか、
注目していきたいものです。

あいまいに濁すようでは
結局は政治家なんてみんな同じ、と
国民総意で そっぽを向いてしまうかもしれませんよ。


[PR] 毛穴 化粧品
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。