レンタルサーバー

三沢光晴さん死去、バックドロップ受け

ここでは、「三沢光晴さん死去、バックドロップ受け」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








プロレス団体ノアの広島県立総合体育館で行った大会で
三沢光晴さん(46)が試合中に相手の技を受けて頭を打ち
病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

県警や主催したノアによると、
三沢さんは同8時10分ごろ、
メーンイベントのタッグマッチに出場した。

試合開始から約25分後、
背後から抱え上げ、後ろに倒れ込むバックドロップをかけられ、
リングに倒れた。

三沢さんは、倒れてから救急車で運ばれるまで
10分以上、仲間のレスラーや救急隊員が
心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)を使い
蘇生措置を施したが、全く動かなかった。

信じられない・・。
三沢が・・。

いやもちろん、
プロレスラーはある意味 死と隣りあわせ。
プラム麻里子や門恵美子、
男子のほうでも亡くなってる人がいる。

プロレスが危険だとかどうこういうのは
もうナンセンスな話だから、
プロレスを知らない人が
したり顔でどうこう言うのだけはやめてもらいたい。

命を賭けて戦っている選手に
本当に失礼な話だと思うから。

[PR] デトックス
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。