レンタルサーバー

玉木宏、禁断の全裸体が解禁!

ここでは、「玉木宏、禁断の全裸体が解禁!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








漫画界の巨匠、手塚治虫が遺した作品の中でも
過激な内容から禁断の問題作と呼ばれてきた
「MW(ムウ)」がこのたび映画化され、
冷酷な主人公、結城美智雄を演じた
玉木宏のショッキングなヌードシーンが解禁された。

原作である漫画「MW(ムウ)」は、
猟奇殺人や過激な性描写など、
手塚治虫のほかの作品には見られない異色作。
青年コミック「ビッグコミック」誌で連載していたときも
物議を醸していた。

映画では社会的な配慮からかなり抑えられており、
漫画と比べるとかなりソフトに表現しているが、
それは編集後のこと。
編集前のフィルムにはしっかりと過激なシーンが残されている。

このたび解禁になった衝撃の場面写真は
玉木宏のオールヌード。
役づくりのためにしぼり込んだ芸術的とまでいえる肉体美だ。
このシーンに関しては映画でも存在するが、ほんの一瞬。
この美しい体をじっくり見ることができる貴重な場面写真といえる。

先日は、スピンオフドラマが
日テレ系で放送されていましたな。

この玉木宏サン、
なんと 体脂肪4%まで めっちゃくちゃ絞ったそうですよ。
もう・・ 彫刻? (苦笑)

だから、あれですよ、
「カッチカチやで~!
 ゾックゾクするやろ~!」 (ザ○ングルww)

まぁ
肉体美うんぬんはともかく、
「手塚治虫」がこれを描いた、という点から、
ぜひぜひ、映画は見に行きたいと思っています!

[PR] ゴルフ スライス
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。