レンタルサーバー

裁判員の服装は何色がいい?

ここでは、「裁判員の服装は何色がいい?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








東京、さいたま地裁で開かれた裁判員裁判の法廷では、
黒を基調とした服装の裁判員が目立つ。
裁判員の服装は自由とあって、候補者の中には
「何を着れば……」と悩む姿もあるようだ。
専門家は
「特定の感情をイメージさせる色は避けた方が良いのでは」
とアドバイスする。

「国際カラーコンサルタント協会」の日本代表、
橋本俊哉さん(53)によると、
黒は厳粛さや威厳をイメージさせる。
こうした印象から、裁判員も黒を選んでいるようだ。
一方、白、黒、グレー以外の有彩色は、
「怒り」(赤)、「幸福」(黄)といった
特定の感情を想起させるという。

裁判員の服装選びのポイントについて、
前述の橋本さんは
「青は『落ち着き』『誠実』。
緑は青と黄の中間色で『中立』を表し、
欧米の法律事務所ではコーポレートカラーとして使われている。
有彩色を身につけるのであれば、
緑や青が適しているのではないか」と勧める。

なるほど・・。
確かに、フォーマルといえば黒。
間違いない色として黒が選ばれやすい、
無難というか、間違いなかろうという感じはある。

病院がグリーンを基調としていると
聞いたことがある。
ストライプとかキレイでしょうなぁ。

・・・・裁判員になりたいとは
思わないけど・・・・(汗)

[PR] 任意保険 値上げ
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。