レンタルサーバー

歯磨き粉“味”いろいろ 

ここでは、「歯磨き粉“味”いろいろ 」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








香料にこだわった歯磨き粉が増えてきた。

渋谷ロフト(東京都渋谷区)2階の健康雑貨売り場には、
竹塩やゆず、炭、ナスの黒焼きの成分を配合したものなど
約100種類の歯磨き粉が並ぶ。

売り場の人によると
「ユニークな味であれば、
 日用品のハミガキがギフトとして喜ばれる」と話す。
人気ベスト5は
(1)コーラ(2)印度カリー(3)ビターチョコ
(4)ローズ(5)グレープフルーツ・・・・ だという。

大手メーカー・サンスターによると、
歯磨き粉やマウスウオッシュ、液体歯磨きなど
オーラルケア市場は全体で1726億円(平成20年)。
このうち、歯磨き粉は約670億円で、
ここ15年間は横ばい傾向である一方、
液体製剤は4年の65億円から昨年は192億円と増えている。

ギフトとして喜ばれる企画ですね。
歯磨きが大事だと思っていても、ついつい・・っていうのが
正直なところ。

また、いま流行っているのが、「昼ハミガキ」らしい。
某大手メーカーの「企画」ではあるが、
仕事や家事の前に気分を切り替えたり、
眠気を覚ましたりするのに適した
メントールを従来品より多めに配合した歯磨き粉を提供。

いい切り替えになって
歯もきれいになって
高感度アップ・・・・と、ね!!(笑)

[PR] 外資系 自動車保険
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。