レンタルサーバー

足利事件菅家さん 衆院選の選挙権認められず

ここでは、「足利事件菅家さん 衆院選の選挙権認められず」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








栃木県の足利事件(90年)で、再審開始決定を受けた
菅家利和さん(62)の弁護団は18日、
衆院選の選挙権が認められなかったことを明らかにした。
弁護団は同日、足利市選挙管理委員会に異議を申し立てた。
同選管は「県選管に照会して対応したい」としているが、
弁護団は、異議が退けられれば提訴する方針。

菅家さんは会見で
「事件前は選挙があるたびに投票に行っていた。
 釈放されているのでどうしても投票に行きたい」と話した。

あれ?とニュースを見てビックリ。
もう無罪になったんでしょ?シャバに出たんでしょ?
と思ってよくよくニュースを見ると・・

「秋にも始まる再審で無罪判決を受ければ選挙権は復活するが、
 現在は無期懲役刑の執行を停止されている状態」
なんだそう。

あーそうなんですかー(驚)
そうなると、総務省選挙課の
「執行の停止は執行を終えた状態とは異なり選挙権はない」
という意見は、しごくまっとうかもしれないなぁ。

というか、
そういう法律がちゃんとあったんだってことに驚き。
改めて法律の深さを感じる。

裁判員制度も他人事ではないしなぁ・・・・

[PR] 自動車保険 乗り換え
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。