レンタルサーバー

日焼けは是か非か!?

ここでは、「日焼けは是か非か!?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








夏といえば日焼け。
上手に日焼けするにはどうすればいいでしょうか?

小林皮膚科医院の院長、小林美咲先生の話では

「日焼けなんて、百害あって一利なし。
 お肌のことを考えれば、健康的な日焼けなどありえません!」

紫外線によって皮膚細胞が破壊されてしまうことを防ぐため、
色素を増やして細胞を守っているのが日焼けした肌。
小麦色に焼けているということは、
すでに紫外線によるダメージを受けている証拠なのだそうです。

皮膚細胞が破壊されると皮膚の老化が進行し、
シワやシミ、たるみが目立つ老け顔に…。
場合によっては見た目の問題だけでは済まず、
体内にまで影響を与えることもあるのだとか。

「皮膚は人間の心の働きと密接なかかわりを持つ大切な器官。
緊張すれば赤くなったり青くなったりするし、
触られると気持ちよくなる。
ポリポリと掻くのも、気持ちがいいから。
掻いたところで肌にとってはダメージでしかないのですから、
自分の意志で行動を抑制してほしいのですが…」

うむう。
これはかなり胸が痛くなるおはなし・・・・。

今夏は早々に、水ぶくれができるほどの日焼けになり、
いまだにその琥珀色が消えていないけども、
これは、「百害」なんですなぁ・・・・。

日焼け止めを塗ってはいても、
毎年 夏になると 色がついてしまうほどに焼ける。
ということは、確実に、
肌の老化が進んでいる、と・・・・。

猛省します・・・・

みなさまも、ですね。

[PR] 自動車保険 切り替え
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。