レンタルサーバー

小6が心臓マッサージ、父親の命救う

ここでは、「小6が心臓マッサージ、父親の命救う」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








先月31日、東京都内の小学6年男児が、
就寝中に突然呼吸が止まった父親に対し、
119番の指令室員の指示通りに心臓マッサージを行い、
奇跡的に命を救った。
東京消防庁は
「大人でもパニックになる場面なのに勇気ある行動」
として、本人を呼んで冷静な行動をたたえた。

夜中、寝室で寝ていた父がうめき声を上げて意識を失った。
父はまもなく呼吸が止まり、妻が119番。

 「心臓マッサージを教えます」。

電話口の指令室員の呼び掛けに、
少年はすぐにうなずき、父の横に座った。

免許証を会得した人ならわかるかもしれないが、
心臓マッサージのやり方はやったこともあるだろう、
また知識がある人もいるだろう。

しかし実際に呼吸が止まった人を目の前にして、
冷静にできるものではない。

これはすばらしい話だと思った。

[PR] ハイドロキノン
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。