レンタルサーバー

従来型抗うつ薬も暴力行為の恐れ

ここでは、「従来型抗うつ薬も暴力行為の恐れ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








抗うつ薬の選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)に関し、
暴力行為が引き起こされる恐れが否定できないとして
使用上の注意が改訂された問題で、
厚生労働省は、
SSRI以外の従来型抗うつ薬の大半にも
同様の改訂を指示したと発表した。
対象は「クロミプラミン塩酸塩」など12成分を含む13商品。

うつ病による労災認定の問題などがあったり、
うつは遺伝するか?とか
過労死や自宅介護からのうつ病・・・・
など、現代において、
うつ病は 生活習慣病よりも「現代病」といわれている。

メンタル面においても治療は大事だが、
薬の投与も重要な治療法となる。

まだまだ謎が多いところではあるが、
研究をもっと深めて欲しいと思う。

[PR] 首 シワ
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。