レンタルサーバー

鳩山首相の英語力は“80点”…デーブ氏が採点

ここでは、「鳩山首相の英語力は“80点”…デーブ氏が採点」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏は、
鳩山氏の外交デビューを絶賛した上で、
英語力は「麻生さん50点、鳩山さん80点」と採点した。

ここで、鳩山首相の今回の外交を振り返ってみよう。

*「日韓は日本にとって最も重要な隣国関係だ」
(韓国に対して)

首相がこう表明すると、李大統領も
「互いに信頼出来る関係、近くて近い関係を構築したい」
と応じた。
首相は、小泉純一郎元首相の靖国神社参拝で
日韓関係が冷却化した経緯を念頭に
「新政権は歴史をしっかり見つめる勇気を持っている。
未来志向の日韓関係を発展させたい」とも語った。
また、両首脳は北朝鮮の核・ミサイル、拉致問題進展のため
北朝鮮が6か国協議に早期復帰するよう
日米韓3か国の連携を強化する方針も確認した。

*対ロシアと 北方領土問題

鳩山氏は、ロシアのメドベージェフ大統領とも会談。
北方領土問題について首相が
「我々の世代での解決」を表明すると、大統領も
「領土問題を含め(日ロ関係の)新たな道筋を
つけるよう努力したい」と応じた。

実は、首相は祖父の一郎元首相が
1956年に日ソ共同宣言に署名したという因縁から、
領土問題解決には並々ならぬ意欲を見せてきた。
ただし大統領は「極端な立場をとるべきではない」とも指摘、
北方四島の帰属確認を求める日本の立場をけん制している。

こういった鳩山首相の外交デビューについて
デーブ氏は「素晴らしい」と賛辞を贈る。
各国首脳にとって、鳩山氏は
政権交代を成し遂げたばかりの「勢いのある存在」。
さらにかつて米国で生活していたこともあり
「各国首脳に交じっても浮いていない。
皆さんから好感を持たれていると思う。
理念があり、オシャレ、しかも(妻の幸さんと)ラブラブ」など、
評価出来るという。
また、かんじんの英語力に関しては
「聞きづらかった麻生さんとは比べものにならない」として
「麻生さん50点、鳩山さん80点」とした。

確かに、以前の政治ニュースは
嫌気がさしてすぐチャンネルを変えてしまったが、
いまは、内容がどんなのであれ、見てしまう。
改革は容易ではないだろうが、
つい期待してしまう。
よい方向へ向いてほしいものだ。

[PR] プラセンタ 効果
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。