レンタルサーバー

性区別難しい新生児に手引き

ここでは、「性区別難しい新生児に手引き」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








染色体やホルモンの異常により、
外見で男女の区別が難しい新生児が
約2000人に1人の割合で生まれているとされる。
いずれかの性に近づける医療にあたる際、
医師が誤った判断をしているケースが問題化している。
染色体や性腺からみるとほぼ女性である子に対し、
男性ホルモンを投与していた例もある。
日本小児内分泌学会(藤枝憲二理事長)は
医療機関が性別を判定するためのガイドライン策定に向け、
10月から初の症例調査に乗り出す。

たしか・・
性同一性障害も、こういうものが発端だと
うわさで聞いたことがあります。
つまりは、本人の意としないものだと。
(授かった「性」に対して、という意味で)

神のいたずら、と言ってしまうには
まだまだ改良の余地はありそうです。

政府はこういうところにも
目を向けてほしいものです。

[PR] 高校受験 塾
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。