レンタルサーバー

まいど1号、運用終了

ここでは、「まいど1号、運用終了」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








東大阪宇宙開発協同組合(SOHLA)は
10月10日、人工衛星「まいど1号」(SOHLA-1)の運用を
終了させた。

「まいど1号」は2009年1月、
温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)と相乗りし、
H-IIAロケット15号機によって打ち上げられ、
2009年5月末まで定常運用し、
2009年6月からは後期利用フェーズとして、
データの取得やアマチュア無線運用などを行ってきた。

大阪府立大学のアマチュア無線地上局は
3月17日に衛星との送受信に初成功し、
学生約25名が毎日交替で衛星運用を行ってきたが、
宇宙航空研究開発機構 (JAXA)との運用委託契約が
10月15日をもって終了するにあたり、
SOHLAは安全上の理由により、
10月10日0時36分に、
「まいど1号」の全ての機能を停止させ、運用を打ち切った。

残念ですね・・
民間の夢と希望を乗せた「まいど1号」だったのに・・

もうだめなのかな・・とちょっと調べたところ、
大阪府立大学小型宇宙機システム研究センターのほうで、
この「まいど1号」の成果を継承し、
今後も「まいど1号」の設計開発で得た
知識と経験を生かして、
次の関西発小型衛星プロジェクトに向けて
活動を継続していくそうです!

われらの夢を空に飛ばしていってほしいです!

[PR] 暮らしに役立つ情報サイト
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。