レンタルサーバー

押尾被告判決公判・・執行猶予って?

ここでは、「押尾被告判決公判・・執行猶予って?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








先日、元俳優・押尾学被告(31)が、
麻薬及び向精神薬取締法違反の罪で、
懲役1年6月、執行猶予5年の有罪判決を受けたのは
記憶に新しいところですね。

さて、この「執行猶予」、
今回はもっとも重い5年が課せられた、という話ですが、
執行猶予とはそもそもなんでしょう?

執行猶予とは、罪を犯して刑を言い渡された者が、
その執行を条件付きで受けなくなる制度を指します。

例えば、懲役2年の場合は、実刑判決ということで、
すぐに刑務所行きとなりますが、
懲役2年執行猶予3年となると、
ただ単に3年間の執行が猶予されて、
この期間に他の刑事事件を起こさずにすめば、
そもそも懲役2年という刑の言い渡し自体が
なかったことになるのです。

ちなみに非常に重い刑や逆に軽い刑(科科や拘留)の場合は、
執行猶予はつきません。

某モト女性歌手(女優)のSさんの公判も近いですが、
「初犯だから執行猶予がつく」といわれるのは
こういう意味合いがあります。

クスリから本当に立ち直れるのはかなり難しい、
とどの専門家も言います。
初犯だからと安易に執行猶予をつけるのは
どうなんだろうか?と素朴な疑問を持ちました。

[PR] ホームページリンク集
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。