レンタルサーバー

HIV検査における疑問点

ここでは、「HIV検査における疑問点」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








毎日読んでいる タレントの若槻千夏さんのブログ。
そのなかの 2009年11月25日のブログで、
エイズウイルス(HIV)検査をしてきたと報告していた。

「検査をする事は悪い事ではない」と書き出す若槻。
「自分の身体のことを知る為」に、
「切っても切れぬ存在」である病院を訪れ、
検査をしてきたという。
結果、「エイズじゃなかった」というが、
それを待っている「15分間」は
さすがに「ドキドキ」したそうだ。

HIV検査は仮名や匿名で受けられるので、
若槻も「仮名」で受けたとのこと。
しかし、問題はそのあと。
検査が終わった後、看護師に問われたのが
「若槻千夏さんですよね?」。

そんな「プライバシーの欠片も無い」扱いに
「あの病院で、あのシステムはいかがなものかと思う」
といぶかり、
「常識ない奴に笑顔振りまく程、
笑顔の残量は持ち合わせていない」と憤慨した様子。

確かにそうだ。
顔見てわかったとしても
そこはさらりと対応するのがプロではないのか?
というか、匿名の意味ないじゃないか。
この看護婦、あんがい自分のブログで
「今日ねぇ~」とか言ってそう。

モラルをもっと持って欲しいもんだー。

[PR] アクセスアップBEGA
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。