レンタルサーバー

興毅 判定で内藤破り新王者

ここでは、「興毅 判定で内藤破り新王者」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








WBCのダブルタイトルマッチが29日、
さいたまスーパーアリーナで行われた。

WBCフライ級タイトルマッチ12回戦は
同級3位、亀田興毅(23)=亀田=が
同級王者、内藤大助(35)=宮田=に判定3-0で勝ち、
新王者になった。
06年8月の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く
国内7人目の2階級制覇を達成。
35歳2カ月の内藤は6度目の防衛に失敗し、
自身の持つ日本人最年長世界王座防衛記録
(34歳8カ月)の更新はならず、
日本人の世界フライ級王座防衛回数単独最多記録を逃した。

「試合前まではいろいろあったけど、試合になれば関係ない。
内藤選手にはありがとうといいたい。もっと練習せな…」
この謙虚さを忘れなければ、
快挙のチャンスはきっと訪れるだろう。
すでに、亀田には次戦で暫定王者、
ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との
対戦を求められている。

[PR] よっちゃんのオススメホームページ
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。