レンタルサーバー

ペットボトルの切れ目のナゾ

ここでは、「ペットボトルの切れ目のナゾ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








よく飲んでいるペットボトル、
そのキャップには数ヵ所、切れ目が入っていることを
皆さんお気づきでしょうか。
全てのペットボトルではないのですが、
多くのキャップには長さ2ミリほどの切れ目が、
四ヵ所ほど入っているのです。

その切れ目は、
業界では「洗浄用スリット」と呼ばれているもの。

実は、飲料の付着したキャップ内部を
キレイに洗い流すためのものなのだそうです。

工場で、ボトルに飲料を入れる時、
飲料が口から溢れてしまうことがあり、
そのまま放置しておくと、当然、
キャップの内側やボトルのノズル部分に飲料が付着し、
カビの原因になる恐れが・・。

そこで、ボトルに飲料を入れ終わると、
キャップを半分だけ閉めて、ボトル全体にシャワーをかけます。
すると水がキャップの切れ目から内側に侵入し、
付着した飲料を洗い流してくれる・・というワケ。

わずか2ミリの細長い切れ目なれど、
毛細管現象によって、水はキャップの内側まで入り込み、
しっかり洗浄されているそうです。

ちなみに切れ目がないペッドボトルは、
付着してもカビの心配がないミネラルウォータと、
ボトルに飲料を入れる時にこぼれる心配のない
充填方式をとっているドリンクです。

今度、ペッドボトルを買って飲むときは
ちょっと気をつけてみてください、
そういう細かい仕様で、衛生が守られているのです。

[PR] アイメイク
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。