レンタルサーバー

泡は立たないのにどうして「泡盛」?

ここでは、「泡は立たないのにどうして「泡盛」?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








沖縄の飲み物、泡盛。
この泡盛、泡が立つわけではないのに、
なぜ泡盛というのだろうか?

実は、昔の泡盛は本当に泡が立っていたのだ。
泡盛の原料となるのは米で、黒麹を使って発酵させると、
蒸留した時、泡がポコポコと浮かんできたのだ。
当時は、それが泡盛の特長だった。

そもそも泡盛をはじめ、蒸留酒はアルコール度数が高いほど、
泡が立ちやすくなる。
ポコポコと立つ泡は、アルコール度数の高さの象徴でもあったのだ。

泡盛の「泡」は、もともと「粟」であったという説もある。
今の泡盛はタイ米を原料にして作られるが、
粟と米を使っていたとも言われ、
「粟を盛って作る酒」から「粟盛」となり、
いつしか変化して「泡盛」になったともいう。

なんにせよ、アルコール度数は高いわけです(汗)
お酒が弱い人間には遠い世界ですが、
やはり人気の秘密は、その美味しさにあるのだろう。

[PR] デトックス
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。