レンタルサーバー

「日本」の読み方って?

ここでは、「「日本」の読み方って?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








オリンピックも近づいてきて
にわかナショナリズムに目覚める人も
多いのではないでしょうか?

さて、この「日本」
どう呼んでいますか?

ニホンorニッポン?・・
なぜ二通りの読み方があるのでしょうか。

広辞苑を調べてみると、
「ニッポンの方が古いが、本辞典では、
 特にニッポンとのみ読むもの以外は、
 便宜上、ニホンと読むことにした」
というような内容が書かれています。

またNHK放送文化研究所の「日本語発音アクセント辞典」にも
「正式の国号として使う場合は、ニッポンという。
 そのほかの場合にはニホンと言っても良い」とあるそうです。

歴史を紐解いてみると、
最初「ニッポン」と発音されていたものが、
だんだん柔らかな言い回しの「ニホン」へ変わって行き、
併用されるようになった・・とのこと。

明治22年に制定された旧憲法には
「ダイニッポンテイコク」と読み方も指定されていたが、
現在は法律などに規定があるわけではなく、
どう読むかは故人に任されているそうです。

さて、あなたはどう呼んでいますか?
固有名詞でなければ、
サッカーの応援のときは「ニッポン!」と言ってるし、
会話では「ニホンにもいいところが・・」
なんて言っているし(無意識で)

間違いではないのでしょうが、
将来、子供に聞かれたら
どう教えたらいいのかなぁ・・とは気になりますね。
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。