レンタルサーバー

「スタバ」神話に陰り

ここでは、「「スタバ」神話に陰り」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








コーヒーチェーン「スターバックス」が
不況のあおりを受けて苦戦ぎみだ。

既存店の売上高をみると、
2009年3月は対前年同月比2.2%減、2月2.3%減、
1月6.9%減、08年12月5.0%減とマイナス続き。
「少々高くても行く価値がある」というお客に支えられて
最近まで成長を続けてきたが、
ここにきて「スタバ」神話に陰りが出てきた。

人気の秘密はコーヒーのおいしさだけではない。
ゆったりとしたソファでくつろいで飲めること、
「バリスタ」と呼ばれるスタッフの丁寧な接客を受けられること、
といった「いやしの空間」も売りだ。
普通のコーヒーチェーンに比べて高めの価格設定だが、
ランチ代を節約しても行くという女性もいたほどで、
ひと頃はスタバに行くのがちょっとした「ステイタス」だった。

 今も「スタバ派」は健在だが、
ネット上の書き込みを見ると、
「スタバは高いし、食べ物にろくなのがない」
「値段が高い」という批判も目立つ。
1杯200円でブレンドコーヒーを提供するドトールコーヒーや、
日本マクドナルドの120円コーヒーを推す声もある。

確か・・
日本で一番美味しいのって、
マクドナルドのコーヒー、っていう結果がでた、
っていうのなかったでしたっけ?

不況でも、美味しかったら行くと思うんですよね・・・・

スティタスは不況に弱かった(汗)

[PR] 車 買い替え

スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。