レンタルサーバー

“マルチ作家”栗本薫さん死去、「中島梓」の名でも活躍

ここでは、「“マルチ作家”栗本薫さん死去、「中島梓」の名でも活躍」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 








大河SF小説「グイン・サーガ」のほか、
ミステリー、文芸評論などマルチな才能で知られた
作家の栗本薫さん
(くりもと・かおる、本名・今岡純代=いまおか・すみよ)が、
26日午後7時18分、東京都内の病院で
膵臓(すいぞう)がんのため死去した。
56歳だった。葬儀は近親者のみで行い、
後日、お別れの会を開く予定。

東京生まれ。
早稲田大卒業後の1978年、
青春ミステリー「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞を受賞。
81年、本格推理「絃(いと)の聖域」で
吉川英治文学新人賞を受賞した。

また、中島梓の筆名で評論家としても活躍、
純文学、漫画、サブカルチャーまで幅広く批評する一方、
舞台演出、テレビドラマ脚本なども手がけ、
テレビにも出演するなど多彩に活動した。

そうですよね・・
中島梓さんの印象が強いんですが・・。
「グイン・サーガ」は126巻、世界最長だそうですよ。
結局、未完のままだそうですが・・。

トークがすごく楽しかったので
もういらっしゃらない・聞けないのかと思うと
とても残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

[PR] ミネラルウォーター ダイエット
スポンサーサイト

 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。